トップページ > 髪の作りは?

髪の作りは?

抜け毛の対策として、髪のお手入れ方法が重要になってきます。
自分の頭皮の状態や髪の性質などを理解していないと自分にあわない商品を買ってしまい、かえって髪の毛を傷めてしまったりしてしまうリスクがどんどん高くなります。
ほんの少しのことが、お金と時間の節約になります。髪のことを勉強しましょう。

髪の毛は、頭皮の表面から外に出ている部分(毛幹部)と頭皮の内側からささえている部分(毛根部)の2つの部分からできています。

髪の毛が抜けた時に、よく見てください。
「毛根」の先に膨らんだ部分があります。その部分を「毛球」と言います。この毛球の内側には「毛母細胞」が詰まっています。
そして、毛母細胞の中心部にある組織が「毛乳頭」です。
「毛乳頭」は栄養分を「毛母細胞」に与える役目を担っています。栄養分を受け取った「毛母細胞」は細胞分裂を繰り返し、毛幹(髪の毛)となって頭皮から生えてきます。

「毛幹」は、中心から三つの層で構成されていて・・

○メデュラ(毛髄質):毛幹の中心部分です。栄養を吸上げます。
○コルテックス(毛皮質):毛幹の大部分を占めます。メラニン色素を含んだ繊維状の細胞です。髪の色は、メラニン色素の量で決まります。
○キューティクル(毛小皮):髪の毛の外側を魚のうろこ状に何層にも重なり、 髪の内部を保護する役目を担っています。

以上のような構成になっています。

聞いた事のある名前から知らないものまでありますが、抜け毛対策の前にまずはこういった髪の構造についても知っておきましょう。