トップページ > 喫煙による抜け毛

喫煙による抜け毛

タバコは、体だけでなく髪の毛にとっても良くないといわれています。
なぜなら、ニコチンには末梢の血管を収縮させる作用があるからです。
毛根周囲の血流を低下させることにより、食事で説明した、毛細血管が詰まったのと同じ状態になってしまいます。

当然、髪の毛の成長に悪い影響を与えているものと思われます。

抜け毛対策をするためには、まず抜け毛の正確な原因を確かめなければなりません。

一般的に抜け毛の原因として考えられるのは、栄養不足・ストレス・頭皮の汚れなどです。これらは抜け毛の直接的な原因となりますのでしっかりとチェックしておきましょう。

例えば栄養不足に起因する抜け毛の場合、まずは偏った食生活などが原因として考えられます。コンビニやファーストフード、ファミレスなどで食事を済ませ、野菜やビタミン・ミネラルなどを取らない偏った食生活をしている場合、それが当然体に悪影響を及びます。

頭に関しては、栄養を髪の毛に伝えるための毛細血管などの流れが悪くなり髪の毛に栄養が伝わらずにやせ細ってしまうということが考えられるでしょう。

また、お酒やタバコなどの刺激成分を含む嗜好品を好む人も同じような危険性があります。タバコは毛細血管を収縮させます。