トップページ > 髪の毛の成長サイクル

髪の毛の成長サイクル

髪の毛にも成長サイクルがあるのは、よく知られていることだと思います。
健康な髪の毛にも、寿命があり、いつかは抜けてしまいます。

そして、抜け落ちた2~3ヵ月後に、同じ毛穴から新しい髪の毛が生えてきます。この繰り返し行われる生え変わりのことを「ヘアサイクル」(毛周期)と言います。

「ヘアサイクル」(毛周期)について、もう少し説明すると、成長期→退行期→休止期に分けられます。

1.成長期
髪の毛をつくりだす毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返しながら髪の毛をつくっている時期のことをいいます。

はじめ、細くて短い髪の毛も、時間がたつにしたがって、太く、そして長くなっていきます。
期間は、女性の場合は4~8年といわれています。(ちなみに男性の場合は3~6年といわれています。)


2.退行期
髪の毛をつくっていた「毛母細胞」のはたらきがおとろえ、細胞分裂のスピードが急速に落ちていきます。
同時に毛根部分も小さくなっていきます。この期間は2~3週間といわれています。


3.休止期
髪の毛をつくっていた「毛母細胞」のはたらきが停止しするとともに、細胞分裂も完全に停止します。髪の成長が完全に停止してしまう時期です。
成長をやめた髪の毛の下で、新しい髪が表皮に出る準備をします。古い髪はいつ抜けてもおかしくない状態になっています。
ブラッシングやシャンプーをした時に抜けてしまった髪は、この時期のものです。髪にはこのようなサイクルがあり、1日約50~100本抜けます。


抜け毛が多い、薄毛やハゲになってしまう人は、この「ヘアサイクル」が乱れて髪の毛が成長しきる前、つまり休止期以外の髪の毛が抜けてしまっている人です。

抜けた髪の毛を見てください。毛根がふっくらして、マッチ棒のような場合→寿命を終えた髪の毛といえます。

それとはちがって、毛根に丸みがなく、細くパサついている場合→異常脱毛の可能性あり。

このような毛は次の毛の準備ができていないのに抜け落ちた通常より早いサイクルで寿命を終えた場合が多いのです。

抜け毛対策を行うということは、こうした乱れた「ヘアサイクル」を修正し、正常な「ヘアサイクル」を取り戻すということです。

そのために髪の成長に必要な栄養を、毛母細胞にしっかりと送り続けると同時に髪の成長を妨げる頭皮の汚れ等を取り除くことを行うことなのです。