トップページ > 分娩後脱毛症

分娩後脱毛症

妊娠のあいだは、髪は女性ホルモンの影響にあります。
出産後に女性ホルモンバランスが正常に戻って、一気に髪が休止期に入り、抜け毛が増加する症状を指します。

脱毛は産後2ヶ月くらいから6ヶ月くらいで、長くても1年以内に収まります。

ただし、産後のストレスが重なる場合、あるいは、高齢出産などで体力が回復しない場合には、自然回復が難しい場合があります。

産後60パーセントもの方が経験するこの産後の抜け毛は、ホルモンの変化によって起こる現象であり、今後もずっと続くという心配はあまりないと思ってよいでしょう。ただ、一時期に多く髪の毛が抜けるため、薄毛が気になったりするかもしれませんが、6ヶ月から1年くらいで回復してくるので、あまり心配しすぎもよくありません。産後の抜け毛の気にしすぎで、精神的なストレスを感じて円形脱毛症にまで発展したら大変だからです。

産後の抜け毛の場合、髪の毛が抜けるのはもちろんですが、体毛が全体的になくなる事もあるようです。女性にとって髪以外の体毛が薄いのは願ってもいないことですが、髪の毛だけは別問題です。

また、産後の抜け毛は心配ないといっても、ぎょっとするほど抜ける事もあるのでやはり不安に感じることもあります。しかし、だからといって育毛剤やサプリメントを使っても、原因がホルモンの問題ですので思うように改善してくれないのが難点ですし、授乳中にはあまりよくありません。

産前にカラーやパーマなどで髪が痛んでいる人ほど、抜け毛がひどくなるかもしれませんので、産後の抜け毛を予防するためにも妊娠中の髪の毛や頭皮のケアを怠らないようにしましょう。特にダメージを与えるようなことはしないほうがいいでしょう。

女性の薄毛は、男性の薄毛のように加齢性によるものも中にはありますが、それは案外少ないのです。

女性に多いとされている薄毛の原因は、頭皮の疾患がほとんどです。
悪玉菌の増殖などによって薄毛になってしまうのです。女性は頭髪を不衛生にしている人は少ないでしょう。
そのため、不衛生さから薄毛になってしまう人はほぼいません。
逆に、この女性の薄毛は、シャンプー、トリートメント、髪染めなどによるトラブルから起こってしまっている可能性もあるのです。

女性の薄毛では、逆に自分の頭髪に過度な刺激を与えてしまっている事こそが、薄毛の原因となっている場合もあります。

しかし、女性の薄毛も原因は様々で、病院の専門医にしか分からない原因もあります。スタイリングの仕方、おすすめシャンプーや髪型、食事などと合わせ専門家に相談して行く事をお勧めします。
相談が恥ずかしいと言う女性であっても、薄毛の相談を受けてくれる病院やサロン等は、守秘義務がありますので、安心して相談して行く事ができるでしょう。

女性の薄毛は、男性の薄毛と同じ原因を端としている場合もありますが、中には、女性にしかない薄毛の原因もあるのです。

ホルモンに関する原因も、女性の薄毛の原因の一つです。分娩後脱毛症という女性特有の薄毛原因があります。

妊娠後期には、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが、成長期に維持していた髪を、出産後に、活動を休止させてしまうため、妊娠後に女性は、薄毛に悩まされてしまう人が少なくありません。
出産後に起こる女性の薄毛は、実際のところ、仕方のないものとも言われています。

ホルモンが関係してきますし、へたにそのホルモンバランスに手を出せば、女性の薄毛以上の問題を体に与える事になりかねません。

女性に関する薄毛の悩みは、専門の育毛カウンセラーなどに相談していきましょう。出産後の薄毛についての悩みも、解決に導いてくれるはずです。

女性の薄毛は、病気でない限りは十分に改善して行く事ができますから、悩み過ぎないで積極的な行動に出るようにしてください。